文字サイズ小 中 大
トップ > 社会福祉協議会とは > 会長の部屋

会長の部屋

うべっぽイラスト

【活動日記】
先日、総理大臣表彰受賞を祝う会を開催していただきました。100人を超す関係者にご出席いただき、大変ありがたくもあり、身の引き締まる祝賀会でした。

最重度の障がい(重度知的と強度の自閉症)がある息子と共に歩み、色々な方々のお世話になってきたことを改めて実感しました。その中の一人、とても印象の強い方について書いてみます。息子が生まれ、その成長に「何か違う?」と感じながら、過ごしていました。1歳半健診で告げられたのが『自閉的傾向』というものでした。40年くらい前であり、その頃の私たちにとって全く意味不明という感じでした。有名な先生が広島に来られるという情報を得ると、そこまで会いに行ったり、東京のある有名大学で自閉症に効く薬が開発されたというニュースが耳に入ると、息子と長女を連れて東京まで訪ねて行ったりもしました。そんな頃に親身になって支援し、寄り添っていただいたのがTさんという保健師さんでした。その頃の私は仕事で海外に出かけていることが多かったため、Tさんからは「有田さんのご主人」と呼ばれる存在でした(姿があまりない)。時が経ち、宇部市障害者ケア協議会(通称 ケア協)が立ち上がる頃、私は当事者の立場としての意見交換で呼ばれ、その帰り際にある人から呼び止められ「ひょっとして周ちゃんのお父さんでは?」と。それがTさんでした。ずっと前のことなのに、そのように息子のことを気に掛けていただいていたこと、とてもうれしい事でした。

その後、私もケア協の一員となり、メンバーの方々と共に地域活動を続けてきています。祝賀会にはTさんもご出席いただき、久し振りに会う家内と色々な話に花が咲いたようでした。終宴の時には、Tさんと家内が「今度一緒に飲みに行くことにしたから!」と私に告げてきました。酒が全くダメな私は、運転手を引き受けることになるでしょう。

祝賀会には、社協からも副会長、局長をはじめ多くの職員たちが出席してくれました。会長に就任して半年が過ぎましたが、これからも職員たちと力を合わせ、そして前向きな姿勢で地域福祉の向上に頑張って行くつもりです。

CIMG9660-iloveimg-resized.jpg
 
2018年2月5日  有田信二郎            

☆「活動日記」過去の記事はこちら
会長の部屋 2018.1.26
会長の部屋 2017.12.18
会長の部屋 2017.12.16
会長の部屋 2017.12.08
会長の部屋 2017.11.13
会長の部屋 2017.10.20
会長の部屋 2017.10.6
会長の部屋 2017.9.17
会長の部屋 2017.8.25
会長の部屋 2017.8.4
会長の部屋 2017.7.18


【随想録】
<海外生活での思い出(パキスタン編)>

5回に亘ってUAEでの思い出を書き綴った。まだまだ沢山のこと、たとえば、対岸で勃発したイ・イ戦争(イラン・イラク戦争)、唯一あったホテルに宿泊しているヨーロッパ人とのダーツゲームのために工夫した自分流の手作りダーツ等々、いろいろなことが頭に浮かんで来る。当時は仕事の大変さに精一杯の状態であったことが、時が経てばよい思い出になるのだと実感。人間って面白いものですね。

UAEでの2つのプロジェクトを終え、次なるプロジェクトへと移って行った。その場所はパキスタン、時期は1980年中頃であった。現在の首都は内陸に位置するイスラマバードであるが、当時は沿岸部のカラチであり、いろいろな物資が豊富で、また日本も含め多くの国々が支店を出している国際的な都市であった。現地赴任時にちょうど遷都が行われている時期であったので、建設中のイスラマバードに旅行気分で出かけてみたが、だだっ広いところに巨大なモスクがそびえ立つ、異様な光景が頭に貼りついている。なんでわざわざ内陸の僻地に遷都?と思ったのだが、沿岸部のカラチは、経済の中心としては好条件ではあっても、防御の観点からのものだったのだろう。この地域、現在では色々な過激集団が暗躍するアフガニスタンに近く、ちょっと車で走ればカラコラム山脈である。ちなみに、孫悟空で有名な三蔵法師がインドにやってくる際に越えた大きな峠がここであるそうだ。暑い国なので半袖姿で訪れていたが、峠を登って行くとだんだん寒くなり、毛皮のコートや帽子を売っている店もあった。こんなに気温差があるのだなと感じた。

もう一つ、カラチ付近に、インダス文明の遺跡として有名なモヘンジョダロがあり、そこも訪れた。すでに観光地化していたため、現地の人から「この仏像、ここで発掘されたものだよ。大変貴重なものだが、安くするので買わないか?」とポケットから陶器のような仏像を出して見せられた。確か数万円くらいの値段であった。まがい物であることは一目でわかったので、適当にあしらったが、この手の商売をしている人たちが結構居た。

さて、次回からはこのパキスタンでの思い出を綴ってみる。(続く)

 2018年2月15日 有田信二郎



☆「随想録」過去の記事はこちら
香港とUAE(その5) 2018.2.1
香港とUAE(その4) 2018.1.5
香港とUAE(その3) 2017.12.1
香港とUAE(その2) 2017.11.2
香港とUAE(その1) 2017.10.6
はじめに 2017.9.1