文字サイズ小 中 大
トップ > 社会福祉協議会とは > 会長の部屋

会長の部屋

うべっぽイラスト

【活動日記】
 11月12日(日)、藤山校区で開催された「第7回藤山ゆめ音楽祭」に出演しました。念願であった文部科学大臣林芳正先生との共演も実現でき、最高のステージでした。以前、林先生から一緒に演奏できると良いですねというありがたいお言葉をかけていただいていましたが、文科大臣という要職に就任されましたので、当分は無理かなと思っていたのですが、今回このような機会に恵まれ、本当に楽しく・素晴らしい一時を一緒のステージで味合わせていただきました。
 私たちのバンドは、ヤマハのギター講師と生徒(私もその一人)を中心に編成したもので、ビートルズの曲目を中心に3曲演奏しました。いつもはハワイアンバンドでゆったりとした雰囲気の曲を演奏しているものですから、今回の演奏は3曲といえども私にとっては充実した演奏でした。
 最初の曲はサボテンの花、出だしの特徴的なメロディーがエレキギターで始まり、林先生のピアノとボーカル。2曲目がビートルズの代表曲Let it be、これも林先生のピアノとボーカルで、キーボード・ドラム・ベース・サイドギターが追いかけてゆく展開。最後はDon't let me down(和訳で「がっかりさせないで」)、林先生はピアノからエレキギターに持ち替えての共演。バンド全体で大いに盛り上がり、きっと来場者の皆さんをがっかりさせないで済んだと思っています。曲の最後のあたりでは、林先生とギターの先生(増川先生)とのエレキの掛け合いもあり、その場で一緒に音楽を楽しめている喜びを感じました。ボーカルも含め色々な楽器が調和して一つの曲となってゆくのは、本当に素晴らしいことです。
 来月の12月16日(土)には、本会主催の"くすのきコンサート"を宇部市楠総合センター内のルネッサンスホールで開催予定です。多くの方々と一緒に音楽を楽しめたらと願っています。

藤山ゆめ音楽祭.JPG

  2017年11月13日  有田信二郎 

☆「活動日記」過去の記事はこちら
会長の部屋 2017.10.20
会長の部屋 2017.10.6
会長の部屋 2017.9.17
会長の部屋 2017.8.25
会長の部屋 2017.8.4
会長の部屋 2017.7.18


【随想録】
<海外生活の思い出(香港とアラブ首長国連邦 その2)>

 香港を飛び立ち、途中バンコック経由でドバイへ。ペルシャ湾に入ると、海上のあちらこちらにオレンジ色の炎が見えてきた。海底油田から吹き出るガスが燃えているようだ。夜間の到着となったときは、オレンジの光がまるで誘導灯の様に輝いている光景である。ドバイ空港に着くと、迎えの車に乗って、いざ現場のあるラスアルハイマー(RAK)という首長国へ。アラブ首長国連邦はその名の通り首長国の連合体であり、7つの首長国に分かれていた。その中で最北端にあるのがRAKだ。空港から2時間くらいで我々の宿舎のある町中に到着。町といっても道路沿いにレンガと壁土で作られた家々が並んでいるところ。ただ、外国人もいるので、7-8階建てのホテルも1軒あった。私たち日本人は、フラットという3階建てくらいの建物を数件借り切り、そこでの生活である。そこから、プラント建設現場までは車で約30分。毎日(といっても、土~木が勤務日で金曜日が休日)海岸沿いの景色を見ながらの通勤であった。ドライバーはインド人とパキスタン人で、二人とも気さくな人物であった。

 休みの日には、旧市街(漁村)に行き、魚釣りや水泳を楽しんでいた。魚は入れ食い状態で、持参していた小さな投げ竿で40㎝くらいの鯛も釣り上げたものだ。そこでは、釣りをする人は居らないようで、餌には何でも食いつくという状態だったのだろう。月に1回、ショッピングツアーと称して、ドバイの街まで買い物に出かけた。そこでは高級ブランド商品をはじめ、日本食品、そしてゴールドショップでは店内すべてが金、金、金の状態。ちなみに、知り合いとなったアラブ人が言うに「アラブでは、紙幣は信用していないので、絶対価値のある金に換える習慣がある。だからゴールドショップがたくさんあるのだ」と。ゴールドスーク(スーク:アラブ語で市場のこと)というところもあった。アーケード通りのほとんどがゴールドショップで、正に壮観。(続く)

   随想録その2①.jpg       随想録その2②.jpg
    ドライバーとの2ショット        ゴールドショップにて
                        (奥の黒い顔が私)

  2017年11月2日  有田信二郎

☆「随想録」過去の記事はこちら
香港とUAE(その1) 2017.10.6
はじめに 2017.9.1